FC2ブログ

Entries

4本目のパンツ、その後

小ネタその1:
股下はやはり少し長かった。
外を歩かせてみたら、引きずったり踏んだりしてドロドロに汚れてしまった。
折って履かせればいいだけのことだけど、保育園向きではないなあ。
ほどいて折り直して、縫い直そうかなあ(というのが気軽にできるのが、手作りのいいところ)。

小ネタその2:
やや柔らかめの暖かな感じの生地だからか、少しストレッチ性があるからなのか、保育園の担任に「今までの手作りパンツの中で一番脱ぎ着させやすい!」と褒めていただいた。
嬉しいな。

品質そこそこのパンツになったかな?

また、息子用のズボンを縫っていました。
ズボン4

前回同様、パターン(型紙)は「まいにちはける こどものパンツ」より。
「コーデュロイパンツ」の100サイズを基本に、股上は110のラインを使い、股下は90のラインを使用。
前ポケットにつける飾り布を省略して、後ろポケットは丸いのが好みじゃなかったので五角形のものに差し替え。

まいにちはける こどものパンツまいにちはける こどものパンツ
(2011/06/29)
不明

商品詳細を見る


布はベージュよりももうちょっと濃い、カフェオレみたいな感じの色。
ポケットのステッチをどんな色にしたら格好良いかなあ?と迷って、えんじ色にしてみた。
目立ちすぎなくていいかな。
ズボン4後

1本目のズボンを作った時、相方に「前のチャックのところに、フェイクのステッチ入れないの?」と言われたので、今回は入れてみた。
前後のしるしという意味でもあるだろうけど、男としてのプライドというか矜持というか、そういうニュアンスを感じたのでね。
でも、布1枚にステッチ入れるのって、2~3枚重ねで縫うよりも難しい。
ものすっごく曲がりまくり歪みまくり。
ズボン4前

大人用の服だったら、絶対にほどいて縫い直さないとならない。
しかし、子供服。冬服向きのやや厚手の布なので、サイズ的にも今シーズンしか着ない(あと2~3カ月)し、保育園と家でしか着ないんだからじっくり見る人はいないし、時間をかけて作ったら着る期間が短くなるだけだし。
いいや、このままいってしまえ!と、作り上げてしまいました。
ミシンに集中して縫える環境であれば、もうちょっとマシに縫えるのかもしれないけれど。
なんせ娘(6か月)が寝ているとかおもちゃで遊んでいるとか「いないいないばあっ!」を見ているとかのスキに、視界の端に入れながらちょこちょこっと縫っているんだから無理!
縫っている途中でぐずったら、そのまま止めて抱き上げるんですから。
そこまでして縫わなくても・・・って感じですが、これが最近のストレス解消でもあるので、そこまでして「縫いたい」のだ。

で、着せてみた。
ズボン4着用2
相変わらず、むちゃくちゃ散らかった家ですが(汗)。
股下はまあこんなもんかなあ。もう少し短くてもよかったかもしれない。
股上は伸ばさなくてもよかったかな。でもコレ、おむつ替え直後だからなあ。夕方のお迎えの時に様子を見てみよう。
市販のズボンだと、おむつが大きくなってズボンがずり下がって半ケツになったりしているからね。

ズボン4着用1
しかし、デカい腹だ。
太ったオッサンが、その太鼓腹の下にズボンのウェストが来るように履いていたりしますが、まさにそんな感じで履いていることもあるんだよな、息子。
だからと言って、2歳で腰履きのパンツとか、無理。ましてやおむつだし。
オーバーオールならいいのかもしれないけど、保育園向きじゃないしね。

できればもう1本くらい作りたい(カーゴパンツみたいな、ごつくて格好良い感じのもの希望!)のだけど、1本作るのに2~3週間かかっちゃっているからなあ。
今から作り始めて、できあがるのはバレンタインデーくらい?
うーん、どうしよう。

3本目のズボン

年末に、3本目となるズボンを縫いました。
ズボン3

布はおそらく20年位前に(今はなき)池袋のキンカ堂で購入したコーデュロイの端切れ。
よくそんな古い布が、数回の転居にも負けず残っていたものだ。
厚手で、全くストレッチ性がない(伸びない)布。
型紙は「まいにちはける こどものパンツ」より、ストレートパンツ(サイズ100/股上修正)

まいにちはける こどものパンツまいにちはける こどものパンツ
(2011/06/29)
不明

商品詳細を見る


普通100サイズというと3~4歳くらいに当たるらしい。
つまり、もうおむつが外れていることが前提になっている型紙なわけで、うちの息子(2歳半)のようにデカいおむつを履いていると、どうしてもズボンがずり落ちてしまう。
なので、基本的には100サイズの型紙を写し、ウェストラインだけ110の線を書き写して(1センチくらい長くして)作ってみた。
おむつでズボンがずり下がる分、ズボン丈も短めじゃないと合わなくなるんだが、これは元々短めのズボンという設定なので、そのまま作ってみる。

ズボン3着用

うむ、ジャストサイズ(苦笑)。

2本目までのズボンと違って、ちゃんとした型紙というか、必要に応じて斜めになった線の型紙なので、変なだぶつきとか突っ張りが少なくていい感じ。
もちろん、前の作り方が悪いわけじゃない。
2本、本当に簡単に作れたからこそ、次を作ってみようと思えたのだから、USAKOの洋裁工房さまには本当に大感謝だ。

さて、この3本目。
硬いコーデュロイで作ったので、がっしりしっかりしているのはいいのだが、やっぱり子供服としては硬い。
まだ息子と会話らしい会話が難しいので(だいぶ言葉は増えたし、それなりの意思疎通はできるんだけど)、着心地が悪いとか、着たくないとか、言われないけれども。
服にはあまり好みやこだわりがないらしく、かーちゃんチョイスの適当服でも普通に着ているけれど、できるなら着心地のいい服を作ってやりたいと思う。

というわけで、4本目に用意しているのは「ツイルスエードストレッチ」という、ストレッチ性のある起毛素材。
そして、前パンツと後ろパンツで別パーツになっている、4枚はぎのズボンに挑戦だ!
(要は市販品と似た形の奴)

履き心地を追求したら、子供服としてはニット素材最強!ってなるんだけど、うちのミシンでニットを縫うのはほぼ不可能(一応無謀な挑戦をしてみようとは思っているけれど、無駄な努力で終わりそう)。
布帛(ふはく:織物のこと)で、できるだけ柔らかで、ストレッチ性のある(ポリウレタン混紡とか)布で作るしかないなあ。

もう数本は縫っても着る機会がありそうだし、いろいろ作ってみよう。
その次は娘のズボンだが・・・ハイハイ時期に合わせたズボンなんて、マジでニット(裏毛(トレーナー等)とか天竺・スムース(Tシャツ等)とか)系統の生地じゃないと駄目かなあ。女児服はあと1年無理かも。

まだ熱が冷めてないぞ(ミシン押えを買いました)

ファスナーが縫いにくいなあ、ファスナー用の押えを買おうかなあ。
・・・と、ネットであれこれ検索して、ファスナー用の「片押え」と、ジーンズとかによくある平行線を縫うための「ステッチガイド押え」と、布端を細く三つ折りにして縫うための「三巻押え」をポチって(通販で購入の申し込みをして)しまった(笑)。
これで、あれとかこれとかそれとか作るんだーい!と、妄想が暴走しております。

そんなに娘がおとなしくしているわけがないじゃないかー!

まあ、高価なものではないし、作業が楽になるならいいや。
楽しいし♪

熱が冷めないうちに(2本目のズボン)

せっかくのハンドクラフト熱が冷めないうちに、長男Kの2本目のズボンを縫った。
ズボン2
リバーシブルの生地だったので、裾は外側に折り返し。
縫い代を片倒しにすれば模様がきれいに出ると思うのだけど、片倒し→三つ折りだとそこだけ厚くなっちゃって、ミシンの負担になりそうな気がしたので、縫い代を割って三つ折り。
なので、実は裾の内また側が2cmほど黒いのだった。
市販品じゃないし、おそらくは来年の春までしか着ないんだし、そこまでコダワリをもって作らなくてもいいんじゃないかな~と思う。

おむつを替えてすぐに着ると、その時だけはちょっと丈が短いように見えるんだけど。
動き回っているうちに(お腹がぽっこり丸いから)何となくずり下がり、おむつが大きくなってきてずり下がり、いつの間にやらちょうどいい長さになる(苦笑)。
ズボン2着用
↑お友達の家で撮らせていただきました。

おむつが外れたら、おそらく市販品の股上でも足りるんだろうと思うのだけど。
今はこれでいいかなあ。

3本目は、今度はちゃんと(?)市販の本の型紙を使って作ってみる予定。でも、まだ2枚合わせ。
その次の4本目は、本格的に(??)4枚はぎのズボンを作りたいと思っています。
いつになるか、わからないけどね。

楽しくハンドメイド(?)

長男Kのズボンに困っていた。
身長は88cmくらいなので、サイズ的には90になるのだが、体格がよくて(デブというよりも骨格が立派なのだと思いたい)、特に尻周りがデカいために95でもぱっつぱつ。100くらいでちょうどよさそう。
でも、身長100cm基準で作られた服はどうしても長くて、ズボンは裾上げが必要だった。
加えて、最近の服の流行は細身のようで、スパッツなんだかレギンスなんだか・・・みたいな服が、柔道・相撲系の体型の息子にはどうにも似合わない。太めなのは裾だけ(ブーツカットみたいな感じ)だったりして、それを裾上げすると更に不格好。
既製品は、体格にも好みにも合わなくて、なんだかなーと思っていた。

いっそ作るか?と思っていた時に出会ったのが、USAKOの洋裁工房さま。
ここに掲載されている簡単に出来るゴムパンツの作り方を見て、これなら作れるかな?と思った。
息子は素直にサイズを測らせてくれるタイプじゃないので、手持ちのズボンを測って「こんなもんかな?」というサイズのものを、捨てる予定で捨てていなかった布団カバーをザクザク切って作ってみた。
試作1
ズボンの裾を全くいじらなかったので、履かせてみたらキュロットというよりは袴のようなスタイルだった。
ならば、と、裾をいくらか絞り、これでもまだきつかった股上を少々修正して、もうひとつ作ってみる。
試作2
履かせてみても、どうやら尻がきつかったりはしなさそう。
試作2試着
よしよし、じゃあ、これで本番だ。
せっかくなので、飾り程度にポケットもつけてみる。
布はヤフオクで安く入手したものなので、材料費は多分100円くらい(苦笑)。
ズボン1
なかなか格好よくできたじゃん、と自己満足。だが、息子自身は気に入らなかったのか、試着拒否。
単に、これを放り投げるとかーちゃんがかまってくれるのが面白かっただけなのだろうと思いたい。
履き心地が悪いとか以前の問題だもんね。
ともかく、無理にでも履いてもらって保育園へ。先生方はお世辞たっぷりにほめてくださった。
「格好いいね」「似合ってるね」等、声をかけていただいたので、息子がその気になってちょっとでも浮かれてくれるとよいのだが。
ズボン1着用
長ズボンなのに、股上のほうが股下よりも長いって、どういうこっちゃ。

ヤフオクで、娘の布団カバーにする布とかを購入。
当初、面倒だから大人用の布団カバーを購入して、ジャストサイズに縫い直そうと思っていたのだが、可愛らしい柄布を使えるのは今のうちだけなんだし!と思い直した。
息子のズボンとかを縫っているうちに、学生時代の家庭科の楽しさを思い出したというのもあるんだけど。
何となくファスナーを縫ってみたくなり、リハビリ的に(?)ペンケースを端切れで作ってみた。
ペンケース

息子のズボンは慣れればどんどん縫えそうだし、自分の好みと保育園の方向にあったものが作れそう。
もう何本か、縫ってみようと思う。
せっかく買ったミシン、使い倒さないとね。
小物を作るためのちゃちいミシンなので、どんどん服を作る気になったら、買い替えが必要になる。
そこまでハマれたら、6万出して、あのミシンを買うんだーい。
(↑下調べ済)
*CommentList

お下がり

mixiやらfacebookやらで、ちょこちょことつぶやきを投稿するだけで、長文はさぼりまくり。
いや、短文でアップすればいいんだけれどもね。

第二子である娘のものは、服もおんぶ紐も抱っこ紐も、ほぼ息子のお下がりです。
出産祝いにお送りいただいた服や、親戚の女の子(昨年7月生まれで、娘とぴったり1歳差)からのお下がり、保育園で息子の同級生の女の子からいただいたものなどなどで賄っていて、娘のために買った服が(今のところ)1枚もない。
それで足りてしまう環境と、友人知人の優しさに感謝×2です。

で、逆に。
息子の服は、今年生まれの男の子に譲らせていただいています。
元々新しく買ったものもあれば、ヤフオクで安ーくお譲りいただいたものもたくさん。
それなりに枚数は必要なのに、着られる期間は短いですからね。

息子の服とか、私の妊婦服とか、がっちりとってありました。
第二子を考えていたから。
でもホントは、第三子まで考えてました。
娘が使った服も、初夏まで使っていた妊婦服も、取っておくつもりでした。
子供は3人(以上)欲しいなって、漠然と考えていました。
3人って集団の始まり。子供たちの多様な関係を見たいな、なんて思って。
すんなり授かれば3人目出産は40歳。何とかなるかな、って。
金銭的・身体的・体力的には厳しいかもしれない。
双方両親は頼れないけれど、子供好きの相方が協力してくれれば、いけるかな?とか、考えていました。
だから、まだ、子供たちが使ったものをおさがりに出すことは考えていませんでした。

でも。
第三子を考えるには、まずは相方ありきです。
育児には協力的な人ではありますが、更なる負担があるわけで。
漠然と「三人目」と思っていたけれども、それは「相方が望めば」であって、彼が反対であれば、そこを説得してまで欲しいとは思っていません。
そして、相方は、子供は二人と考えていました。

いつか考えは変わるかもしれないし。
第二子が生まれたばかり&第一子は魔の2歳児(第一次反抗期)で、今はとにかく大変だけど、それが落ち着いたら「三人目もいいかも」って考えてくれるかもしれないし。
そんな風に、私自身は諦めきれていませんでした。

が、しかし。
何の心境の変化なのか、娘が3ヶ月になったら急にスパッと、私の気持ちが切り替わりました。
子供、二人でいいじゃん。
二人の育児を楽しもうじゃないの。
妥協したわけじゃなくて、何の無理もなく、これでいいって思った。これがいいって思えた。

となったら、娘や息子が使えなくなったものは、保管の必要がありません。
あちこちに「おさがりでよければ、どう?」って打診しまくり。
どんどん大きくなる娘。
かわいい服が、このまま処分されるのはちょっと忍びない。
着れなくなった途端に、次の場所を探しています。

来年は保育園(・・・に入れるといいな)なので、更に服がいっぱい必要。
もちろん必要に応じて購入もするけど、いろんな人の善意がつまったおさがりもいいなって思っています。

ズボン(保育園はスカート不可)とか、ホントは縫えたらいいな~。
最近ミシンがちょっと楽しくて。
ヤフオクでいっぱい布を買ってしまった(笑)。

移動ポケット(試作)

長男Kの布団カバーのあまり布をパタパタ折って縫って作ってみました。

↓表側
試作品その1 表

↓裏側
試作品その1 裏

↓開いたところ ティッシュを入れるところの裏にマチなしポケット(ごく薄いものを入れようかと思って)、その奥にマチありポケット(ハンカチ等を入れるところ)
試作品その1 中

↓こんな風に後ろにクリップをつけて使います。
ビジネス用品でネームプレートとか社員証とかつけるのに使うやつ。
試作品その1 立

外マチにするつもりだったのに、うっかりと折り間違えて折りマチになってます。とほほ。
まあ試作品だし、大きさとか使い心地とかを確認するためのものなんだから、細かいことは気にしない。

ネット上でよくある形がこういうタイプなんですけど、私にとってはイマイチ使い勝手が良くありませんでした。
ティッシュケースの形だけはこれでジャストサイズなので、まあ良し。
ポケット部分が小さい。ハンカチがギリギリ入る大きさなので、取り出して手を拭くまではいいけど、再びしまうのが難しい。
ティッシュケースからマチ部分に布が繋がっているせいか、ティッシュの口が開きがち。
フタ部分も、ウェストに装着していると体のカーブに沿うせいか、半開きみたいに浮いちゃって、ティッシュの取り出し口まで掛からない(外にティッシュが見えている状況になっちゃう=傷みやすい)。
後ろのピョコンと出しているタグのところにカラビナをつけてジーンズのベルト通しのところに引っ掛けてみたんだけど、そうするとタグ部分にだけテンションが掛かっちゃって破けそう。
うーん、実際に使っている小学生達はこれでうまく使えているのかなあ。
フタにマジックテープやスナップボタンをつけているはずだからフタが浮くことはないのでしょうけれど。
でもボタン類はつけたくないんですよね。
すぐにティッシュが取り出せたほうがいいし、マジックテープはタオルハンカチ使用時にひっかけちゃいそうな気がしますし。

そんな事を考えつつ、またしつこくオークションやらブログやらショップやらひたすらチェック。
そこで見つけたのが、フタにティッシュケースがあるタイプ。
フタの裏にティッシュケース、本体はポケットだけ。
なるほど、それはよさそうだ。ティッシュがあればフタが浮いちゃうこともなさそうだし。本体だけがやたらとぷっくり膨れることもないかも。ティッシュケースとマチを分けられるし。

当初の試作品時点では、自分の携帯をスマホに切り替える予定がなかったのですが、今度はスマホも入れられるように・・・ということで、縦横2cmずつ大きくして作ることにしました。
本体裏は、できれば接着芯を貼って少し丈夫に&硬くしたいのだけど、今は接着芯を持っていないので、ひとまず布を1枚余分に縫い合わせてみます。
フタ部分もちょっと長めにして、布もちょっと硬いのと柔らかいのを組み合わせて、本番用にバランスを見てみたい。
見た目も少し格好良くなるように布の切り替えもしてみようかな。

という感じの試作品その2がこちら。
試作品その2 表試作品その2 裏

↓中はこんな感じ。ポケット部分で布を切り替えて、ステッチもしたからぷかぷかしないし伸びない、はず。
ポケットの内側に、鍵をつけるためのループタグをつけようと思って忘れてしまった。
試作品その2 中

↓横から見た感じ。今度はマチを間違えなかった(笑)。
試作品その2 横

ジーンズにつけるとこんな大きさです。
試作品その2 装着

もちろん、ジーンズじゃなくてカバンとかにもつけられます。
バッグの内側につければ、ティッシュや携帯(スマホ)が行方不明にならない。

ポケットの大きさとかは概ねコレでいい感じ。ハンカチの出し入れ問題なし。
相方の旧スマホならすんなり出し入れ可能だけど、新スマホ+シリコンカバーだとキツキツで出し入れが難しい。
iPhoneの大きさを確認してからだけど、もう1cm大きくてもいいかなあ。
ティッシュケースの方は、横幅が大きすぎて飛び出しちゃいそう。入り口はちょこっと縫い縮めてみたりはしたのですが、もうちょっと何とか改善したい。
飾りボタンでもつけようかなあ。飾りカシメのほうが、見た目は好みだけど、ココにかしめるのは無理そうだ。
後ろのタグにカラビナをつけるの、意外と難しい。「引っ掛けられたら便利」かつ「洗濯に支障なし」くらいならDカンをつけようかな。その方が使い勝手がよさそうな気がする。
ポケットの内側もループタグじゃなくて小さめのDカンにしたいな。
本体裏側は布で補強してみたけど、やっぱり硬さが欲しい。接着芯が必要みたいです。
その接着芯も、いろいろ調べてみたら、不織布タイプだと洗えなくて布タイプじゃないとダメだから、買う時に気をつけなくては。
子供がいたら、洗えないグッズよりは洗えた方がいいですもんね。

取り敢えずこれで、もうちょっと使い勝手を試してみることにします。
数日使ってみた感じでは、なかなか便利です。
イイ感じだったら、ちょっとしたプレゼント用に量産したいな。
(こうして端切れやら副資材やら増えていく・・・)
*CommentList

移動ポケット(はじまり)

1年半くらい前のこと。
長男Kを保育園に入れるにあたり、布団カバーだの絵本袋だの作成する必要があって、いろいろネットで検索しまくっていたときに、「移動ポケット」というものを知りました。
確か、最初に見た「作り方」はこちらのPolka Dropsさんのものだったと思います。
移動ポケット関連を検索すると、まず出てくる名前かもしれません。
当時、布のたたみ方と最終的な出来上がりが、頭の中で変換できませんでした。
そして、この(基本的な)移動ポケットを作ってみたという人が一様に「よくわからなかったけど、縫ってみたら、魔法のように出来上がった」とブログ等に書いている(笑)。
いっぱい出てくるコメント達にピタゴラスイッチ的な面白さを感じたのと、買ったばかりの安いミシンを取り敢えず動かしてみるのにちょうどいい小ささかな、と思って、端切れで(マジックテープなしで)作ってみました。

ちょこちょこっと縫って、くるっとひっくり返したら出来上がり。
はー、なるほど、こう返すとこうなるのね。うまいなあ、と感心した覚えがあります。

さて。
そもそもポケットティッシュですが、子供が産まれるまではあまり必要なものでもありませんでした。
外出先でポケットティッシュが必要になる機会も少なくて、花粉症の季節以外は「カバンに入っているけど、数ヶ月入りっぱなし」って感じ。
が、子供がいると、意外と使う。
子供がゼロ歳児だった頃は、よだれを拭いたり、握っちゃった離乳食を拭いたり。
保育園に通うようになったら頻繁に風邪を引くから鼻を拭いたり、あちこち汚したところを拭いたり、と、必需品になりました。
それでも、ケースが必要か?とか思っていたのですが。
2歳になった現在、長男Kはポケットティッシュのビニールカバーが大好きですぐにひん剥いちゃう。ビニールだけが重要でいつまでもクシュクシュカサカサいじっていて、中身は出しちゃって放置。ビニールを堪能した後でティッシュを引き裂いたりぐしゃぐしゃにしたりする。カバンの中を漁るのも好きだから、ティッシュを見つけたらガサガサガサといじり、どこかに移動させちゃうので、いつの間にか見当たらなくなる。
ミシンの試験稼動で作ったティッシュケースが「あると意外に便利」なものになりました。
ビニールが目的の子供から守れるし(ビニールに入っていなければ荒らされにくい)。
ビニールから出しちゃったティッシュもちゃんと使えるし。
カバンの中で行方不明になりにくいし。

そして第二子を妊娠し、産休・育休に。
今まで長男Kの保育園送迎の殆どを相方が担ってくれていましたが、産休育休中は保育時間が原則として9時から16時となるため、私が送迎することになります。
送迎は、保育園の荷物(着替えやタオル等)の他は鍵と携帯くらいしか持ちません。
ちょっと時間に余裕ができたのと、移動ポケット関係の情報を検索している時に「幼稚園の送迎とか、ちょっとそこまでレベルの外出に移動ポケットが便利」という記事を見かけたこともあって、自分用に作ってみたくなりました。

さてさて、元々移動ポケットって、子供向け(特に女子小学生向け)のもの。
幼稚園・保育園までは、ハンカチ&ティッシュを持ち歩く必要がなかった。
教室に自分用のタオルが掛けてあったり、先生がティッシュを差し出してくれたりするから。
(もちろん、園によるでしょうけれど。特に3歳未満クラスは持ち歩かないでしょうね)
でも小学校にあがったら、身だしなみとして自分で携帯しなくちゃならない。
なのに、小学生の服(特にワンピースやスカート類)にはポケットがない。
あっても小さくて、ハンカチとティッシュは入らなかったり、無理に入れたらパンパンになっちゃって落としたり。
だったらポケットを外付けにしましょ、というのがこの「移動ポケット(外付けポケット)」です。
なので、用途は「ハンカチとティッシュの携帯」に限られる。

でも、大人が携帯するならそこに鍵と携帯(またはスマホ)を加えたい。
小学生がつける移動ポケットは1~2センチ大きくても邪魔になる可能性があるけれど、大人が装着するなら少々大きくても邪魔にならない。

さて、何を参考に作ろうか・・・と、移動ポケット関係のブログやらヤフオクやら検索しまくりました。
でも、多くのママさんに便利だとしても、自分にとって便利かどうかはまた別のこと。
だからひとまず作ってみて、改善点を探してみることにします。
最初に作るのは、こちらの内部ポケット2つVer.に、まち付き移動ポケットを組み合わせたものにしました。
マチがあったほうが、ハンカチの出し入れがしやすいらしいので。
試作品だから、布もてきとーでいいや・・・と、長男Kの布団カバーのあまり布で作成してみることにしました。
(長くなるので、続きは次の記事に)

近況あれこれ

やっと涼しくなってきました。
ビールなしで夏を乗り切ったぞー!(笑)。
休日なら朝からビール!(主に発泡酒だけど)で育ってきたので、冷蔵庫に酒がないのはちょっと寂しかった。
妊産婦なんだから当たり前なんだけど。
飲みたい気分になることは(ホルモンの関係なのか)あまりなかったけど、でも暑い時に麦茶くらいしかないのは残念な気分でね。
まあ、飲めないのなんて人生の中でホンの数年なんだから、今は我慢だ。

最近の話題1:
ヤフオク利用しまくりです。
長女Nの服は、長男Kのお下がりとか、親戚のお下がりとか、お祝いにいただいたものとかで、しばらくは充分にあるんだけど、
保育園児である長男Kの服はどうしても枚数が必要&がんがん洗濯するのでオシャレすぎないもの&確実に来年は着れないので程々の品質で充分、ということで、調達先は西松屋かヤフオクになっちゃってます。
枚数がいっぱい入った福袋的なものを狙って落とし、届いたらせっせと名前付け。
保育園で「Kちゃんはオシャレな服を着てるよね」と先生に言われたことがありますが、いや、それは出品者さんのセンスですから(笑)。

最近の話題2:
現在使っているのはauの携帯で、最小限の機能しか使っていない(だから毎月の利用料金は1500円程度)のですが、夜中の授乳中とか手持ち無沙汰で、今後の仕事復帰に向けてスマホ欲しいなあと思い始めました。
仕事を始めると、PCいじる時間がなくなるし。
通勤時間はやたら長いし(片道およそ1時間半)。
でも、携帯すら使いこなせているとは言えない自分、どのスマホがいいのかわからん(苦笑)。
端末自体も、今までずっと(PHS利用の頃から)無料か1円携帯しか使ってこなかったので、スマホ本体に万単位の金を払うってのがどうにもなあ。
・・・とブチブチ言っていたら、相方が「だったらiPhone5にすれば? 今使っているiPodの代わりにもなるし、実質的な端末金額は安いし」と提案。
auのサイトで確認すると、確かに1万円くらいですむ。
それならいいかなあ、と検討中です。

携帯の利用料金、今までは各自の小遣いから出していました。
その小遣いが結構な低額なので、時々「小遣いアップしようか?(もちろん自分の小遣いも同額アップが前提)」と提案していたのですが、やりくりが苦手な相方は遠慮してました。
で、今回、スマホへの切り替えを検討すると同時に「スマホ利用料を家計費から出すことで、実質的な小遣いアップとする」のも併せて検討中。
携帯と違って(?)スマホ利用料は固定費になるもんね。

最近の話題3:
「移動ポケット」に興味津々。
といっても、子供に使わせるのではなくて、自分が使うものとして。
材料となる端切れ等をヤフオクで落とし、試作品作成中。
ミシンやアイロンや裁ちばさみを使えるのは、長男Kが保育園に行っていて、長女Nが寝ているわずかな時間に限られるので、なかなか進みませんが、久し振りの裁縫・ハンドメイドは楽しい!
うまく作れたら、移動ポケットだけで一つ記事にしたいです。

最近の話題4:
子供達はとても仲良し。
長男Kは、心配された赤ちゃん返りもなく、妹が泣いていればすっ飛んでいく優しいお兄ちゃんです。
すっ飛ぶ勢いが良すぎて、妹を潰していることもあるけど(苦笑)。
長女Nは順調に成長中、2ヶ月で首が据わり、ご機嫌な声を出しながらおっぱいガンガン飲んでます(まだ1日1回くらいミルクのお世話になってますが)。
やる気に溢れたお嬢さんで、よく動く。
長男Kが「やる気になるまでやらない」タイプで、立つのも歩くのも遅めだったのに比べ、
長女Nは「やれることはどんどんやる」タイプのようで、いろいろやり始めるのも早そう。
そんなに慌てて成長しなくてもいいよ!って言っているし思っているのだけど。
マイペースなところが似ている兄妹ですが、その方向は逆みたいです。
見ていて本当に面白い!

右サイドメニュー

ブログ内検索