FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパクトミシンでニットソーイング(序章前編)

「序章」なんて書きつつ、序章だけで終わってしまう可能性も大きいのですが。
参考にさせていただいたブログや2ちゃんに感謝しつつ、画像を載せておきたいと思います。
(長くなるので、記事は折りたたみます)

さて。
私の使っているミシンはブラザーのC37-BFという電子ミシンです。
シリーズとしてはA37-FPと同じになるらしいです。
こんな型番だけ書いたってさっぱりわからんと思いますが、要は「学生時代の家庭科くらいしかミシンを使ったことがない人が、子供の入園入学用にバッグや巾着を縫うのにちょうどいい、コンパクトサイズの初心者向けミシン」です。

車に例えるなら軽自動車。
近所への買い物や、家族の送迎なら問題なし。お値段的にも手頃で入手しやすい。
でも長距離移動には向いていないし、高速道路だって走れるけど余裕を持っての追い越しは難しい。いっぱい荷物を積んだら走りや燃費に影響するし、道路状況の悪いところでもスイスイ走れるとは言い難い。

コンパクトミシンというのは、普通の(フルサイズの)ミシンに対する表現です。
小さくて軽い。
(と言っても一般的に4kg~5kgくらいだと思います。フルサイズのミシンは8kgくらいあるのが普通です)
用途を絞り、機能を絞り、その分お値段も絞られている感じ。
薄い布(透けちゃうような布)も、厚い布(デニムとか)も、伸びる布(ニットとか)も苦手。
コップ袋を作る(シーチング2~3枚重ね)とか、通園バッグを作る(キルティング+アクリルテープ)ならイケる。
耐久性もあまりない。毎日ガンガン使ったりしたら、あっという間に壊れちゃう。
そんなミシン。

なので、布帛(ふはく:織物)限定のミシンだと思って、保育園グッズ+αくらいしか縫うつもりがなかった。
家庭用ミシンで作るニット服の本とかもあるんだけど、ここまで安くてちゃちなミシンを想定しているわけじゃないしね。
※コンパクトミシンについて散々悪しざまに書いてあるように見えるかもしれないけど、子供の入園入学グッズを作るための道具としては、非常に便利で使い勝手の良い、お手頃価格の道具だと思っています。マジで。

で、その一方で。
息子用のパンツを縫い始めてから、やっぱり子供服には、伸びて柔らかくて履きやすいニット地の服(ジャージやスウェット系のズボン)の方がいいのかなあ?と考えちゃう日もあるわけで。
既製品の子供服を見ても、90くらいまでの服は伸びる素材が多いし。
私自身は(少なくとも外出着は)ニットよりも布帛の服の方が好きだし、子供服を見ても、幼稚園に行くくらいの年齢になればジャージ・スウェット系よりもデニム系が増えてくる。
だったら、ごく幼い時期だけはニットの服を買って、そこそこ大きくなったら布帛の服を作ってやってもいいんじゃないかな?と思っている。
実際、2歳後半になった息子の服は、ニットと布帛と半々くらいかな?という印象だし。
似合う服を見ても、スパッツ・レギンス類よりはカーゴパンツやデニムのストレートパンツ系だし。
作りたい服も、そういう系統だし。

でもなあ。
ニットも縫えたらいいよなあ。
選択肢に「ない」んじゃなくて、選択肢にはあるんだけど「選ばない」方がいいなあ。
作りたいのはパンツ類であって、ニットで作るにしてもあまり伸びなくていいんだし。
(ニットソーイング的に、伸びの良い生地は上級者向け。そこそこ厚みがあり、あまり伸びないものは初心者向き。布を切るにも縫うにも、のび~る生地は扱いにくいですもんね)

などと、ぐだぐだ考えて、家庭用ミシンで子供のニット服を作っている人のブログや2ちゃんの該当スレやら眺めていました。

そんな時に、相方のTシャツの裾がほつれました(笑)。

まだ首元も擦り切れてなくて、着られるシャツ。
捨てるにはもったいなさすぎる。
相方はTシャツをボトムに入れて着る人なので、縫ってみて縫い目がガタガタでも他人は見ない。
Tシャツ(天竺)を横に縫う=家庭用ミシンのニットソーイングとしては、ミシンの精度的な難易度はやや高めで、これが可能ならニットパンツの作成(ミシンの精度的には難易度低め)も可能なんじゃないか?

これは、やってみるしかない!

というわけで、縫ってみることにしたのでした。
(続く)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。