FC2ブログ

Entries

産科医は本当に大変そうだ…

検診に行ってきました。胎児の推定体重2000gほどらしい。
2週間で1.25倍になるのね~。
そんな胎児の体重増加はさておき、私自身は元々の体重が多いので、とにかく「体重を増やすな!」と言われ続けています。
担当医いわく「プロ野球が始まったけど、キャンプ中に身体を絞れなかった選手は活躍できないし、怪我したりするでしょ? 出産とスポーツを一緒にするわけじゃないけれど」だそうで。
出産はやっぱり身体への負担がかな~りかかるわけで、だからしっかりと準備しなさいよ、ということなのよね。あとちょっとだし、頑張らなきゃ。
取り敢えずは2週後の検診まで「この体重をキープするように」だそうで、結構きついぞ!

前回の検診の時に聞いた話なんですけど。
「20年くらい産科医をやっているけれど、ここ数年で甘ったれた、妊娠・出産・育児に対する覚悟のない妊婦が増えた。医師や助産師は出産のサポートしかできなくて、主役はあくまでも妊婦本人なのに。出産に備えて、全力でやれるだけのことをやらなきゃならないのだけれど、その「やる気」を引き出すのが難しくなっている。どうやったらいいのか、四苦八苦している」とのこと。
私はそういう話を聞くたびに、もうひと頑張りしないと!と気合が入るんですけどね。
先生も診なきゃならない患者さんがいっぱいいるのに、そういう話をして、各患者さんの意識付けまでやらなきゃならないんだから、本当に大変だわ…。

腹の住人の方は、相変わらず背を向けている(エコーの時にうつ伏せになっている)のだけれど、産まれる体勢としてはその方が顔とか引っ掛からなくて望ましいのだそうです。
「エコー写真としては顔が見れなくて、つまらないかもしれないけれどね」と医師は言ってくださったけれど、私としては別に顔が見れなくたって気にならない。
むしろ出産に向けて少しでもトラブルが少ない姿勢でいてくれたほうがいい。
「顔なんて今じゃなくても、産まれてからじっくり見ますよ~」って、返しました。
「雑誌に載っているようなエコー写真なんて、そうそう撮れるもんじゃないんだけど、期待する妊婦さんが多くてねえ…」って。
そんなことまで言って困らせる妊婦が出てきているのかしら。いやもうセンセ、本当に大変だ…。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索