FC2ブログ

Entries

ドイツ・オランダ旅行3日目

ミュンヘンを発ってシュトゥットガルトへ。
…という、超余裕のプランのはずだったんだけど。

ホテルのあるガウティングを出て、ナビ(日本語のポータブルナビが借りられるのだ!)で最寄りのレンタカーのオフィスへ行こうとしたんだけど、行ったら、オフィスがない。
どういうこと!?と、相方がオフィスへ電話(これがまた母国語の異なる英語同士というお約束のために、なかなか大変)してみると、違うオフィスを案内される。
そこをナビに登録して行くんだけど、それでも見あたらない。
さらに別のオフィスを検索して、やっと見つかる…が、今度は車をどこに止めていいのかわからなくて右往左往。
何とか「どうやらここで良さそうだ」という所に止め、オフィスに入って返却。
「…で、ここはどこ??」あまりにもミュンヘン中をぐるぐるぐるぐる回ってしまったので、現在位置がよくわからない。
隣接していたホテルの受付で「すんませーん、中央駅へいくのはどうやって行ったらいいの?」と訪ねると「目の前の道をあっちへ10分ほど歩くと地下鉄の駅があるよ」と。
そこから「切符はどれを買えばいいの?」「行き先はこれでいいのか??」と迷いに迷って、やっと中央駅へ。
もちろん、予約していた特急(ICE)には乗れなかったので、次の席を予約。
少々余分なお金はかかったものの、何とか移動はできたのでした。

さてミュンヘン中央駅からICE。日本的には新幹線…らしい。
決して早くないし、快適でもなかったりする(苦笑)。
つか、日本の新幹線が快適すぎるんだろうなあとつくづく思う。
車窓を眺めたり、この日記の下書きをしたりしながら過ごす。
ドイツの風景って、ちょっと北海道に似ていると思う。
緯度的にも近いしね。
木々や草原や道の感じは似ているんだけど、一番違うのは建物。
車での移動中も思ったんだけど、ちょっとした建物がみんなかわいくて素敵。
それがドイツの気候や文化にあっているというのはわかるんだけど、日本は雑多というか町のイメージも何もないなあって感じた。
その統一性のなさとか、何でもかんでもアリってのが日本らしいところだけどね。

シュトゥットガルトに到着、乗り換えてルードヴィヒスブルクへ。
予定よりもかなり遅れてしまったけれども、その後のアポイントには間に合った。
というのも、ここでは相方Gさんの同僚たちとの飲み会&食事を予定していたから。
メンバーが
自分(日本語+すっげーカタコト英語)
相方(日本語+英語)
日本人同僚(日本語+英語+ドイツ語)
フランス人同僚(英語+ドイツ語+フランス語)
↑この彼女の子供(ドイツ語+フランス語:2歳)
…という構成のため、日本語で話すとフランス人同僚Pさんがわからず、
英語で話されると私だけが置いて行かれる。
まあ、ごく簡単な英語なら何とか聞き取れているような気がするんだけど。
しかもPさんと私だけが女性だし、Pさんは相方と同僚であり大切な友人という関係なので、Pさんは私に興味津々っぽい。いやもちろん私だって、彼女に親しんでもらえたらとても嬉しいんだけど。言葉の壁が高すぎなんだけど!
まあ、ともかく非常に拙いながら、周りにフォローしてもらいながら、カタコト英語でのコミュニケーションに励んだのでした。
Gさん「うちでは夕飯は自分がメインで作ってるよ」
マキノ「私の方が帰宅が遅いし」
Pさん「うちも!私は麺類くらいしか作らないけど、旦那はサラダとかも作ってくれるから」
P&私「おおー!(仲間×2と握手)」
…てな感じで。
Pさん息子が2歳なりたてで、もうとにかくじっとしていない(当たり前か)。
最初はすっごい人見知りして(そりゃ言葉の通じない初対面の人だし)、Pさんにずっと隠れていたんだけど、お土産のおかきっちゅーかソフトせんべいの詰め合わせでご機嫌をとり、気に入っちゃってばくばく食べたりしているうちに、場に慣れてきた。
そしたらもう、店中うろちょろうろちょろ歩き回りまくり。
Pさんはまもなく産休に入るおなかなので、つい私が追いかけ回す。
肩車したりして(単なる暴走防止)くっついていたら、そのうち慣れてきてくれた。
どうやら彼の中で「はい、どーぞ」ってのが流行っぽく、フライドポテトとかクッキーとかを「どーぞ」って感じで差し出してくる。
その度に「だんけしぇーん」とか「めるしー」とか言いながら受け取ると、すっごく嬉しそう。
くりくりの瞳がかわいらしい子供になごみつつ、楽しく飲み会終了。
この日はかなり頑張って起きていて、やっとぐっすり眠りについたのでした。
(それまでの2日はさすがに眠りが浅いというか、夜中に目が覚めてしょーがなかった)

そういえば、ここで日本人同僚さんに教えて貰ったところによると、アウトバーンとか20km/hrオーバーで走るのは普通らしい。
というのも、20キロまでは罰金だけで、点数が加算されないから。
捕まっても点数には関係ないなら、そりゃまあ速度違反もするかもね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索